ほうれい線が出来てしまう原因とは?

ほうれい線が出来てしまう原因

歳をとると出来てしまうほうれい線。一気に老け込んだように見えてしまって、気分も沈んでしまいますね。

 

最近では若い人でもほうれい線が目立つようになってきました。ほうれい線が出来る原因はなんなのでしょうか?

 

ほうれい線が出来てしまうのは、肌がたるんでしまうからです。肌がたるむのにはいくつか原因があり、歳を重ねることや紫外線の浴びすぎなどが挙げられます。

 

また、肌のたるみには種類があります。

 

1:皮膚が衰えることによる弾力やハリの低下でのたるみです。
2:顔に脂肪が付くことによって、重力が肌をたるませるものです。
3:表情筋の衰えによるたるみです。

 

そして最後に、若い人にも当てはまるのが「乾燥によるたるみ」です。

 

肌には水分を留めておくために皮脂膜や細胞間脂質などがあるのですが、乾燥しやすい人はこれが減少しているんです。

 

そうすると乾燥によるシワができやすくなり、これがほうれい線へと進化してしまいます。

 

ほうれい線が出来る前に、ケアをしておきたいですね。

 

>>米肌を25歳から使うのって早い?【米肌の対象年齢リサーチ】